おじさまと猫(おじさまとねこ)

おじさまと猫

ペットショップで売れ残っていた一匹の成猫。
日に日に値段が下げられ諦めていた猫の前に、一人の男性が現れる。

「私が欲しくなったのです」

これは、誰かに愛されたかった猫と、おじさまの日々を綴った物語。


  • LINEで送る

作品インフォメーション Information

最新話はこちら Latest chapter

  • 2020.11.16
  • [43話] 陽の下の夜想曲 公開!
  • 掲載期間

    2020.11.16~2020.12.13
  • 次回更新

    2020.11.30
  • 読む
  • この作品の感想を送る

バックナンバー

 

キャラクター紹介 Characters

  • 神田 冬樹 (かんだ ふゆき) ふくまると暮らす男性。ペットショップで一目を見た瞬間ふくまるに惹かれ、家に迎え入れた。
  • ふくまる 長くペットショップで過ごしていたところを神田に引き取られた猫。猫種はエキゾチックショートヘア。
  • 小林 (こばやし) 幼少からの神田の親友で、とても仲が良い。「茶子」と名付けた柴犬を飼っている。
  • 森山 良春 (もりやま よしはる) 神田の勤める音楽教室の同僚で、テンションの高めな講師。
  • 佐藤 もみじ (さとう もみじ) ふくまるが過ごしたペットショップの店員。商品のお勧め具合が熱い。

単行本 Comics

おじさまと猫 5巻 ふくまる野良猫になる!? 窓の外に、一匹の黒猫がいた。ふくまるがペットショップにいた頃先にもらわれていった先輩の猫だった。傷だらけの体で威嚇して去っていく黒猫。焦ったふくまるは、とんでもない行動に出てしまう。猫と人の物語に苦難の時が訪れる…。
「ふくまる ふくまる…何処にいったの?」
2020年6月12日発売 A5判 本体818円+(税)
  • Amazon
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 電子書籍版

関連書籍

神とよばれた吸血鬼 6巻(完) 神も人も寄り添い、生きている。 人が神にすがるように、神も人に救われ生きている。今日もどこかの境内で鈴の音と手を叩く音がこだまする──…。いつだって神様はあなたを傍で見守っているよ。
感動の和風吸血鬼譚、最終巻!
2017年4月22日発売 B6判 本体571円+(税)
  • Amazon
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 電子書籍版
TOPへ戻る